2016年12月19日月曜日

【応援】土地関係の菩薩が書きます。我など、とうに越している。晃治殿。どこに行くかね。

私も教えることなどないのであります。
しかし、教えを度々請うが如く、どこまでも成長していきたいのであろうが、
本当に教えることがない。

解脱も成し遂げ、そして、Linuxもほぼ学び、後は、ミニマリストまで実践しているではないか。
それ以上の、更にいいものなどは、無いのでありますよ。

しかし、更なる学びを頂きたいと思うのであれば、
そう、本を読むというのは、どうであろうか?

本は、世に数万冊どころか、数億かもしれず、もっとかもしれずであります。
その世界に入り込んだら、出て来られなくなるかもしれないが、

しかし、今回、晃治殿は、リーナス・トーバルズ氏のご本を選ばれて、
それを読んでみようとしていますな?

そうですな。そういうご本ならば、読んで見る価値はありましょう。
しかし、如何に、生きるべきかとか、そういう本は、もう読まなくても学び終えている。

ハウツー本などは、リーナス・トーバルズ氏の本や、HTML5の本などを、読んでみてもいいかもしれないですな。

それでは御機嫌よう。
お達者で。

0 件のコメント:

コメントを投稿