2016年8月15日月曜日

【応援】そうですね。世界をいい方向に動かしたければ、Linux、解脱、運鈍根、ミニマリスト、これが答えでありますな。

鈍いほうがどうして、いいのか、幸運の鍵なのか。
そう、皆さん、IT社会は、如何に鋭く、鋭敏に動作するかが問われる社会でありますな?

しかし、敢えて、鋭くなく、鈍いほうがいいという理由は、
幾つか在ります。

ひとつ目は、鋭いと、神経質な人生で、何時も疲労が激しく、リラックスが出来ない人生で終わるであろう。

もうひとつ目は、世界は、そんなに速く回っていないという事であります。
如何に人間が、世界を速く回そうとしても、実は、地球がノーと答えているのであります。その現象は各地に見られておりますね。海面上昇や、地球温暖化などが顕著な例であります。地球がイエスと言うスピードに、人間が合わせていかなければ、きっと、人類は、そんなに長く地球上に生きられないかもしれない。その事を、事前にスーパーコンピューターが表示しております通りであります。

これだけ言えば、人間が如何に、鋭くなっても、頭が空回りして、疲労困憊して人生を送るだけであります。

人類の、生き延びる答えは、もう出た。
つまりは、

ミニマリスト、解脱、Linux、運鈍根


これが、人類の辿り着くべくして辿り着いた答えである。

さて、もうKOUJI殿は、そうとう人類の頂点に近づいている。
その他には、天茶供養をしてみれば、どんどん答えが解るであろう。

ホホホ。
我も、KOUJI殿が解ってくれて、有り難いことであります。
達者で過ごせ。

0 件のコメント:

コメントを投稿