2016年8月15日月曜日

【応援】そうでありますね。鈍く、なって、運と、根であります。それが一番幸運でありますし、長く幸せで居られるものだよ。

成功の秘訣は、運鈍根でありますな。
ホッホッホ。
*****の庭野先生もその事を学んできた模様。
その他にも、アンパンマンの作者の方も、同じことを仰っておられた模様。

実に、この運鈍根が、物凄く重要でありますことが言えます。

実に、最近のIT社会を見れば、いかに迅速に操作し、パッパッと、アクセス速度を速くして、高速に動かすか。
そんな社会になってしまった。
それでは、運鈍根ではなく、鋭い社会になってしまっている。

その事に気づけば、この、IT社会を乗り越えていける物であります。
このIT社会の勝者は、きっと、鋭い人間ではない。
如何に鈍く生きるかが問われているのであります。

つまりは、鋭い人間ほど疲労が激しく、頭が空回りしていくであろう。
しかし、鈍い人間は、何時もストレスからも解放されて、リラックスした、のんびりした生活が手に入ると思われます。

どちらがいいかは、言うまでもなく、鈍いほうがいいのであります。
ホッホッホ。

さて、運鈍根、解脱、ミニマリスト、Linux。
これが極めて行ける人間は、実に、世界を動かせるであろう。

達者で過ごせよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿