2016年3月29日火曜日

【応援】そうですか。皆さんも、漸く、東日本大震災からの復興を遂げていかないといけないというところに来ているね。

東日本大震災が起きて、五年以上経ったが、
未だに、被災地の皆様は、苦しい生活を強いられていると思われてならない。
大変なご苦労様の上に、皆さんが、苦慮しながら生活をなさっておられると思われてならない。
人は、何時から、人間に冷たくなってきたか。それは、戦後の復興の時にもそうであった。
戦後の復興の時には、沢山の戦死者の方々がいらして、その上で復興を遂げなければならない状況である時に、
人間は、涙をのんで、努力に努力を重ねてきたわけであります。
そうしたら、アメリカも、核の傘で守り頂きまして、日本人の底力を世界中に見せつけてくださったわけですな。
その時と一緒なのかもしれない。
人間は、涙をのんで、前へと進まなければならない時もあると、私は思っておりますよ。
人それぞれ、人生でどうしてこのように苦慮しなければならないのでしょうか? と思う人も、この世でほぼすべての人が経験するであろう。
人の人生というものは、皆、波がありまして、山あり谷ありであります。
人は、谷の時に、どうするかでありますが、やはり、勢いをつけて、山にもう一度挑む、その気持ちが大切なのではないかと思いますよ。
さて、私は、今、世界中の人々が、テロの脅威や、経済的な苦慮から脱却しなければならないと、ギクシャクしております最中です。
今が、谷であるとするならば、もう一度、山を登ろうとする意欲が、世界中の人々に必要なのではないかと、意味深ながら思うところであります。
それでは、皆さんご機嫌よう、お過し下され。

0 件のコメント:

コメントを投稿