2015年6月8日月曜日

天の声が書く。皆さんお久しぶりであります。人間社会にまた変化が必要とされる時期が来ました。

人間社会に、変革を起こそうとするのは神々たちであります。人は、力があると自分に自信をつけると、即ち、人は神から離れてしまう。そうすると、混乱の世の中になるのであります。しかし、ひとたび、人間社会に神々の力が必要だなぁと思う人たちが増えて来ると、人間は再び神の声に耳を傾けようとするのであります。
しかし、そうする人たちが、人間社会に少ないのであれば、悲しいことであります。私は、人間それぞれ一人ひとりに、自ら神の声を人間社会に広げていける力を持っているのでありますと言いたいのであります。
即ち、神仁合一し、神と一体化した後、神の声を世に広める役目が与えられるような人間になってほしいのであります。人々は、そういう力を持って産まれてきている。
さて、私は、Linux Conがあったので、KOUJIはそういう理由もあって、社会に神の声を書いてこなかったが、また再び書いていこうと考えております。宜しく頼みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿