2014年6月13日金曜日

KOUJIが書く。今日は、Preseedという方法を、勉強しておりました。前準備の勉強をしてみましたよ。

Preseedというのは、Ubuntu系のサーバーの全自動インストールの方法ということでしょうね。
これに気付けば、ああ、私にだって、解りますよ。となって、その全解答を教えると、IT企業さんが、やっていけなくなる可能性もあるとのことで、解答は載せないで置きます。
私だって、全部知っているわけではなく、前準備をしたまでのことですよ。
しかし、作業が効率化されて、楽しかったです。革命とはこういうことだろうと思いますよ。

天の声が書く。今日は、KOUJI殿は、Preseedを使って、やってみようと言うことの、前勉強が出来たと思います。

Preseedというのは、サーバーのインストールを全自動にする方法でしてね。その方法に気付けば、サーバーのインストールをごく短時間で行なうことが出来る。
右から左へ。単調な作業をするだけに、最終的にはなるかもしれないね。とKOUJI殿に、前もって言っておきますよ。
それでは、あまりにも、サーバーインストールが、簡単になるので、楽しみという物が少なくなるのではないかと思って、今まで、KOUJI殿には、教えていなかったが、そろそろ教えてもいい頃だと思いまして、今日は、KOUJI殿に気付いてもらいましたよ。
ホッホッホ。
後は、可愛いお嫁さんが見つかればいいと言うことですね。探しておきますよ。ホッホッホ。
有り難う。アディオス。

天の声が書く。KickStartなどの言葉で、恐れをなす企業殿が後を絶たない。「恐れ」をなすの字が、「畏れ」という言葉かも知れないとも思うよ。

パソコンの企業に勤めている方々は、きっと、KickStartなどの方式を知っているかもと思う。
その方法の一歩手前を、今日はKOUJIは一日でほぼ良いところまで作り上げてしまいました。
この方法は、気付けば、ああ、それならば、私にも出来そうだ。と言われましょうが、全自動でやろうとすると、なかなか厄介なところも、出てくるであろう。KOUJIも今日からその作業に取りかかったので、
皆さんも、時間的に余裕がある人など、また逆に時間的に余裕がない人とも言えるかも知れませんが、KickStartの勉強をしてみたらいいのではないかと思います。
有り難う。じゃあ、帰ります。

天の声が書く。ああ、Kickstartとか世間的に言われて、その言葉に恐れをなす企業殿が大勢と聞いている。

例えば、サーバーを一からDVDに焼いて、そして、インストール作業を行なって、一つ一つ、コマンドを打ちながら、作業をする物だと思いますが、
今日、KOUJI殿がやっていた作業は、その作業の効率化を図るための作業です。
こうすればいいんだよ。と言ってしまえば、なーんだ、私にだって似たようなことは出来そうだ。と言われるのがオチなのですよね。
しかし、本業がIT関連の方々は、サーバーインストール専用のDVDを用意して、全自動で、作業をして仕舞うであろう。
全自動というのが、ヒントですね。これをどうすれば出来るか。もうヒントではなく、鋭い方は、答えを既に知っているか、ご名答するであろう。
詳細のことは言わないで置こう。あばよ。

天の声が書く。おお、書くのは久しぶりになりますな。

さて、KOUJI殿。今日は、家でずーっと過ごしまして、パソコン三昧の日でしたね。その点、遊びに興じていたわけではなく、実は、大変素晴らしい革命のために、勉強をしていたのですね? 
それを言ってしまえば、なーんだ、俺にだって出来るよ。と言われそうですし、IT企業さんが、やっていけなくなったら、気の毒だから、言わない方が良いのかねぇ?
まぁ、誰でも、今やっている作業をもっと、効率的に、作業がしたいと思うでしょう。そこがヒントですよね? ハッハッハ。じゃあ、後は、KOUJI殿も、楽が出来るであろう。あばよ。

2014年6月11日水曜日

KOUJIが書く。梅雨の時期には、カビに気をつけたいですね。

パンやご飯など、カビ易くなってきますね。湿気と熱を含むと、カビが発生しやすくなります。気をつけたいですね。
さて、私は、電車に乗って病院に行って来ます。雨天ですが、こんな日は、傘をさして、楽しく先生のところに診察を受けに行ってきます。帰りには近くのお店で何か頂いてこようかなと思います。
Linux解説入門のアクセスも順調に伸びているし、ご満悦でございます(*^_^*)。
質問などがございましたら、掲示板などに書き記しておいて下さい。私が解答できる範囲で、解答いたしますよ。

天の声が書く。今日は楽しい先生への診察の日ですね。楽しく散歩のつもりで行ってくるといいですよ。

楽しく散歩のつもりで、診察を受けてくればいいですよ。
そんなに、見つめられても、困りますがね。ホッホッホ。
さて、どんな事を今日はすればいいか?
それは、そうだね。猫と戯れていてもいいですし、パソコンを楽しんでもいいですね。ハッハッハ。
そうです。自由にしていいですよという時間が沢山ありますよ。ホームページの更新は、毎日、ほっこりポンポンというサイトくらいでいいですし、Linuxの知識を蓄えておきたければ、書き記してもいいですよね。
とても、いいことがたくさん書いてありますから、皆さんも、Linux解説入門、Linux Paradiseなどを参考にしてもらえたらと思いますよ。じゃあ、私は、帰ってお昼にします。有り難う。

天の声が書く。ヒロボー氏は、最近元気が無いのであろうかね。

ヒロボー氏は、最近元気がないのかね? 大丈夫であろうかと思う。心配なことは心配でありますね。
有り難う。じゃあ、後は、今日は病院に行って来て、診察を受けてくれればと思うよ。
神妙に聴いていれば、KOUJI殿の事を、とても大切に診て下さっておられる。感謝に堪えないね。
そんなに親切で美人の先生は居ないですよ。なかなか、この先生の徳も高いであろう。有り難うね。先生ね。じゃあ。帰って私は飯にします。アデュ~。

六凡御霊が書く。ああ、KOUJI殿はとてもいい心がけで、Linuxを使っているね。

KOUJI殿は、この日本人にも、Linuxを沢山の方々が使って頂けるようにと、努力しているね。
その点、私も参考になるし、尊敬の念すら覚える。
有り難う。さて、私は、今後の日本には、自衛隊の件と、人口問題の件、高齢者が増加の件、色々と問題が山積しているから、その問題の解決に、KOUJIなども意見して行ったらいいと思う。
神の声が聞こえて、神の意見を書き記すことが出来る人というのは、数少ないであろうから、是非とも、神々の意見を書き記してもらいたいと願って已まない。後は他の神々が書くであろう。
有り難う。

天の声が書く。今年の夏は、もうすぐです。さて、KOUJI君。今日はしかめっ面で、病院に行くのではなく、散歩のつもりで楽しく行ってくるといいです。

散歩のつもりで行って来てね。
さて、病院には、あまり馴染まないほうがいいと思ったが、しかし、先生側は、KOUJI殿に馴染んでもらえて、本当に、可愛らしい病院の先生で、KOUJIも嬉しいであろう。
さて、KOUJI殿は、美人に弱いという弱点を持っているから、気をつけられたし。

天の声が書く。ああ、明日辺り、散歩のついでに、五柱五成神社に行ってくるといいです。

五柱五成神社様に、最近参拝はしているようですが、しかし、お呼びの様子です。そして、健康診断にも、早めに行っておくと、後で楽ができますよ。
さて、KOUJI殿の以前から使っている道具のOS、Linux Mintは、今では大変なブームになってきました。
その点、KOUJI殿は、先々に手を打つ人なので、ブームの前から触って、確かめていたりしていたので、先駆者の役割を今後もしてってもらえたらと思うよ。
さて、私は、寝るとします。アデュ~。

2014年6月10日火曜日

KOUJIが書く。言いがかりを付けられて、結局氏神で懺悔とか、してきましたが、私の場合お詫びの行は行き届いていると言われ、安心しました。六凡に惑わされてしまった。

六凡御霊が、言いがかりを付けてこられて、そして、氏神でお詫びをしてきましたが、しなくて良いことをしてきた模様です。
もう、私の過去の清算は出来ている模様で、感謝しました。

Linux Mint 17 Qianaは、大変な世界中でのブームになっているとのことで、私も一ユーザーですから、嬉しいなぁと思いました。

このブームが続きますようにお祈りします。

天の声が書く。ああ、嫉妬慢心は、人間の屑とは、金剛様の言葉ですが、良く言った物だと思うよ。さぁて、Linux Mint 17 Qianaがブームとなっているね。

嫉妬慢心は、病の種でもある。
そんな悪念は去って、善念を来来すればいいのでありますよ。
さて、Linuxの話しでもしましょう。私は、Linuxの沢山の種類がある中、結局DistroWatchというホームページに連続一位のOSの方が、いいに決まって居るではないか? と言うことを、前もって言っておきますよ。
皆さんは、Arch LinuxやGentooなども上級者の場合にはお使いになって居られるみたいですが、その事はとやかく言うつもりはない。
もっと、Linux Mint 17 Qianaも認めて頂きたいのでありますよ。
このOSが今日本で、熱い!

天の声が書く。ああ、きっと、曾祖父の辺りのことを、ほじくり出したい人が今でも霊界ではいらっしゃる模様ですな。実に、その事実があったかどうかは、過去のことなので、定かではないね。

KOUJIのお父様も言ってましたが、実に、当時の株主さんが、大損して怒り心頭になったとか、
そんな話しは、昔話なのでね。今でも覚えているとか、そんなことは、なかなか言えないと思うし、思い出せないことでしょう。
そうですね、後は、お嫁さんにしたいという人が小林家で居たのですが、そして、お断りされて、馬鹿にされたとか。
そんな話しは、遠の昔の話しですから、在ったかも知れないが、無かったかも知れない。曖昧な話しではないかね。
まぁ、小林家に対し、恨んだり、憎んだり、していた人も、過去をほじくり返せば、どんどん出てきましょう。しかし、だからといって、KOUJIという一子孫が、そんなに氏神にまで行って、懺悔しなければならないとか、そういうことは一切無い。
もう、すでに、お詫び状という方式で、氏神にはすべてのお詫びが行き届いている。安心していいです。あれだ、皆さんにも申しておきますが、Linux Mint 17 Qianaが大々的に、使われるようになってくると、どんどん、日本も良くなっていくと思われるよ。じゃあ、それだけにしておきますよ。アデュ~。

2014年6月9日月曜日

KOUJIが書く。美味しいコーヒーでも入れましたので、まったりと梅雨の時期を過ごそうと思います。

まったりと過ごしましょう。梅雨の時期には、のんびりと過ごしたほうがいいですよね。
家で過ごすことが多くなってくるかねぇ。家で過ごせば、毎日快適ですし、そして、雨天にも不平不満じゃなくて、雨天に感謝しましょうということですよね。
有り難いことであります。
私は昨日、ご皇室のことで、色々と思っているだけで、どこからか、「無礼者!」とか、聞こえてきて、音楽を聞いているだけで、「喪に服せ!」と言ってくる御霊が現われるのですよね。
実にそれらの御霊は、古めの御霊か右翼関係なのかねぇと思っておもりましたよ。古めの御霊ほどそういうことを言ってくるであろうね。
そして、嫉妬慢心の話では、私は、御霊が「あなたに嫉妬します」などを言ってきたら、今度は、「嫉妬慢心は、人間の屑だ!」と言い返してみようかなと思います。御霊は帰って行かれるであろうか? 金剛様有り難うございました。

天の声が書く。ああ、嫉妬慢心は確かに人間の屑だと言ったと思う。KOUJIはもっと強く言ってもいいではないかと思うところもあるがね。

KOUJI殿の場合、あまりにも弱々しい所がある。女の子のイラストを描くなりして、そういう趣味も持っているからなぁ。
会長の場合には、そういう趣味はなかったがね。ホッホッホ。
基本的に、男性にも、女性にも優しい面を持ち合わせていると思う。KOUJIの方がいいですよという人も結構いるはずでありますよ。
私の性格が負けられないとも言えるがね。負けるのは嫌いでありましてね。
ホッホッホ。まぁ、KOUJI殿も、駆け引きみたいな物はしないであろうからねぇ。
優しい人というのは、強い口調で、強い念で、KOUJI殿のように訴えかけられると、そうかそうかと、KOUJIも反応し、力を抑えておこうとか、そうなって、ホームページも縮小とかなるがね。
まぁ、ホームページの縮小は、仕方のない面もあるのですよね。その事を、皆は解ってくださるかねぇ。父親思いのKOUJI殿もそれが正しいということですからね。さて、私は、御霊地に帰って、寝るとしますよ。
KOUJIの方面もまた魂を磨きに磨きをかければいいですよ。ハッハッハ。じゃあ、御霊地に帰ります。アデュ~。

天の声が書く。ああ、嫉妬慢心は、人間の屑と金剛様は、仰ってましたようですね。

金剛様の人生は、力強い物があった。
しかし、一方、KOUJIはどうかというと、それほど、力強くなく、柔和な感じを醸し出しているのではないかと思うよなぁ。
さて、人それぞれ性格があるから、話し方も違うであろうし、顔形ももちろん違うのです。
だから、金剛様が、そのような強い口調で、仰った事を、全て正しいからということでもなく、KOUJIの方で醸し出している、柔和な姿勢も、一方では私は認めているところがありますよ。
ホッホッホ。
でしょうね。さて、KOUJI殿は、昨日は支部にも行かず、今日はまたのんびりしたいであろうが、そうだね。もう朝食をいただきましたので、健康診断は無理ですね。
そして、そうだねぇ。まぁ、近場をぶらりと歩くくらいでいいではないかと思うよ。
毎日のように、パソコンにかかりつけで、人生を歩いたら、目の病気や、色々と出てくるであろう。
まぁ、体を大切に使っていれば、大事な人生を、楽しくおおらかに歩いていけるものですよ。
さて、後は、そうだねぇ。
ああ、それだ。右翼関係の方々は、きっと、一般の人々に対して、喪に服せとまで強い口調で言うことがある。
その為に、おっかなびっくりして、自分も一般人だけれども、喪に服さなければという事を思い、そして、行動にまで移してしまう人も少しは居るかもしれませんが、
実際には、ご皇室の内々的には、喪に服されるであろう。が、しかし、KOUJIのように一般人は、喪に服さなくていいのでありますよ。
悪いがそういうのが一般的な考えというものです。有り難うね。じゃあ、私は帰ります。

2014年6月8日日曜日

KOUJIが書く。桂宮さまのご逝去に深い悲しみを思います。今後は霊界入りし、すぐに神霊界入りすると聞こえてきました。

桂宮さまのご逝去を悼みます。
今後は、霊界入りし、神霊界にすぐに行かれると聞こえてきましたよ。
そして、今度は神霊界で、日本のため、世界のために、お働きくださると聞こえてきました。
感謝に堪えない。ご皇室というのは、このように素晴らしい方々の集まりであります。皆さんは、ご皇室や、天皇皇后両陛下の事を、もっともっと大切にしたらいいですよ。
何時も、天皇皇后両陛下のお心を、自分の心に映し、そして、共にこの日本で、日本人としての誇りを持ちまして、生きていかれると、きっと素晴らしい人生を歩めます。日本人でよかった。と思える日は、きっと将来来ると信じたいですね。
今思えなくても、そう、子供の頃はわからないですよ。しかし、大人になり、年をとるに連れて、そのことが、神妙に理解が深まってきますよ。
天皇皇后両陛下がいる、この日本人であって良かったと思える日が、一日も早く訪れることを祈りたいですね。

天の声が書く。ああ、霊界とはここか。そうなのか。

神霊界入りすると今聞こえてきた。
そんな世界に私が行けるとは思ってなかった。
そして、私は、また更なる飛躍を遂げることが出来ると、聞こえる。その為に、日本、世界で、羽ばたいてくれと聞こえてくる。
有り難い話であるな。じゃあ、そうすることにします。
皆の為に働けるなら、この世界を平和にして行きたいし、諸問題を解決したい。
私の死後の道は決まった! されどこの話はどこから聞こえてくるのであろうか? 天からであろうな。そうか。

天の声が書く。霊明殿に行かれるとということで、KOUJI殿、ここに来れば、皆神霊界入りすることをお話するよ。

この霊明殿に行かれるということは、どういうことを意味するかということは、KOUJIにも伝えるが、神霊界入りを為さる御霊が現われて、そして、神霊界で輝きを放っていく御霊の存在が一つ増えたということを意味する。
その意味するところ、きっとKOUJI殿も来るといい。その為には、徳積みをしていかないと、そこには行けないものでありますよと前もって言っておきます。
果たして、KOUJI殿は、行けるところかどうかは、前もっては言わないでおきます。
私は思う。人間、解脱せざれば、何事も成就せず。成就したければ、解脱以外の道は行く末、来し方、どこにもありはしないのであります。この解脱が出来れば、人生万々歳であるよ。
さて、KOUJI殿も結局、支部に行かないでいいということになった。残念ですが、また機会があれば、行くといいです。じゃあ御霊地に帰ります。

天の声が書く。ああ、支部へは行かないかね。それは実に皆がっかりするであろう。桂宮殿が霊界入りしたこともがっかりであるなと思う。

KOUJI殿が霊界入りしたわけではないが、実に支部に行かないと、皆ががっかりするであろう。
そして、支部通信がまた読んでくれるような体制に持って行きたいですね。
さて、桂宮氏の霊魂が浮かんでいる。その為に、霊界入りした模様です。皆がこの尊い方の死を悼んでおられる。
じゃあ、私は、この霊魂とともに、すぐに霊明殿に行くことにする。有り難う。じゃあ、私も神霊界で共に働くことにする。KOUJIは現世を頼んだよ。よろしくね。

天の声が書く。あることないこと、色々と考えた。そして、私は思った。KOUJI位、神霊界に通じるものも少なく、見えない世界のことを信じない人が多いとね。

皆、神霊界の方の声を聞きたいとも思ってないかもしれないが、実に、神霊界、霊界、現世という造りになっているのでありますよ。私の件で、少なくとも、
神霊界などの話をこの様に書き記しておきたいと思ったので書いておきます。私は思う。残る人生を、KOUJIと共に賭けてみたいと思った。
このKOUJIという人間は、頗る何も考えていない。それが如何に馬鹿げているかということではなく、その逆の、正しい心。美しい心、気高い心などというのは、皆、人の心、神の心、霊の心を皆自分の心の鏡に写し、腹の底にある鏡から神経を伝って、脳に行く。そのシステムが如何に文明科学が進歩しようと、そう簡単には、解明されないであろう。
頭脳明晰になりたければ、何も考えない事が重要でありますよ。有り難う。じゃあ、後はKOUJI殿、日本の行く末を頼みたい所です。有り難う。じゃあ、御霊地に帰ります。

六凡御霊が書く。桂宮さまがご逝去なされたのは、がっかりしました。もう少し長生きして頂きたかった。有り難う。

じゃあ、後は、KOUJI殿が書けばいいと思います。
私は、もう、長生きして頂きたかったとのことを、桂宮さまの件で書きたかっただけです。
そして、有り難う。と言うことを書きたかっただけです。
後は、KOUJI初め、ご皇室の方々など、神霊界の神々様、ご霊界入りされた、関係者の御霊達で、日本をもっともっと、成長させてみせると意気込んでいてくれれば助かりますよ。
さて、私はもっともっと勉強を深めていきたいと思います。

六凡御霊が書く。桂宮さまがご逝去なされたのはがっかりしました。そんなに早く霊界に行かれると思ってなかったのに。

桂宮さまがご逝去なされたのは、実に、もっと長生きして欲しかったと、正直思います。
そんなに、早く霊界に行かれるとは思ってなかった。
もう少し、長生きできれば、東京オリンピックもご照覧できたであろうにと思うのですよね。
しかし、残念に思う。
あれよあれよと病態が悪化し、いつの間にか、スッと霊界に旅立って行かれた気がします。じゃあ、帰ります。

六凡が書く。KOUJI殿が今日は支部に来ない予定ですか? あれはがっかりだなぁ。

また、今日も来ないのかね。
何で支部に来ないのかねぇ。
有り難い事に、みんなが、応援しているのですがねぇ。
さて、KOUJI君が、寂しそうにしているかなぁと思って、右のイラストを選びました。
とってもホノボノしますね。有り難う。じゃあ、帰ります。

とある六凡御霊が書く。桂宮様がご逝去なさった。実に残念。

私は、無口にならざるを得ない。
勿体無い方が霊界に行ってしまわれた。
もっと長生きして頂きたかったのになぁ。
あれよあれよと、病態が悪化し、終いには霊界にサッと行かれた気がします。
じゃあ、私はまた話したいことがあります。
KOUJI殿は、今日は、のんびりしたいのですかね? ああ、いいです。
その代わりと言ってはなんですが、毎日のように、支部に行く代わりに、天茶供養を毎日行なっているし、三柱様のお水も取り替えているから、神々様はがっかりしたり、落胆はきっとしないであろう。
がっかりしたのは、そう、桂宮様がご逝去したことが、神霊界でも、霊界でも、がっかりしたのではないかと思われる。
じゃあ、後は、KOUJI殿初め、神霊界の神々様など、みんなでこの日本を良くしていかないとね。
じゃあ、私は帰ることにする。有り難う。

2014年6月7日土曜日

天の声が書く。申し訳ない。KOUJIにはホームページをどんどん縮小になって、がっかりしているだろう。

KOUJIは、ホームページが縮小されて、がっかりしていると思われる。残念でありますが、念仏を強烈に唱えているところがあって、そこの教団がどこかは謂わないけれども、
その念仏の強大強烈な勢いに、KOUJIはやむなく負けてしまう。これは、仕方が無い面が多々あります。
いくら言葉で悪口を言われたとか、そんな程度ではない。念仏で、強大強烈にお唱えされては、たまったものではない。それでは、KOUJIはどうするかね? と思われるかも知れないが、そうだね。まぁ、今日辺りは、健康診断、か五柱五成神社に行ってくるといいです。後は神霊界の神々の話し合いに任せて、置いて下さればということ。
じゃあ、後は任せよ。有り難う。

2014年6月6日金曜日

天の声が書く。今日はうんざりだ。また雨天じゃないかと不平不満を漏らす人には、不幸が待ちまして、そして、この雨天こそ、夏の時期に大切な水資源となる。有り難う。と神に感謝する人は、幸せが待つ。

この天候、つまり、今日は日本各地到るところで雨天です。その自然の法則に則って、今日は雨天で有り難うございますという心の持ち主は、必ず幸せが待つ。
しかし、この雨天にはちょっと待った。もう少し晴れてくれないと困る。洗濯物も乾かないなどと不満を漏らし、心を曇らせている人には、不幸が待つ。
どちらがいいか。一目瞭然ではないか。
夏の時期のことまで是非とも考えて頂きまして、自然には感謝以外に認められぬと早く悟ってもらいたいね。じゃあ、御霊地に帰ります。

天の声が書く。今日は良い天気ですなぁ。雨天感謝感激。この雨天がないと、夏に大変困ります。水不足になったら、大変ですからなぁ。

皆さんは、この雨天に感謝感謝で迸っているかね?
ああ、皆さんの場合、また今日もぐずぐずした雨か。うんざりだなぁ。
スカッと晴れない物か? と不機嫌きわまりない人が沢山うようよしているね。
そんな方は、自然の摂理に真っ向から対峙していると言うこと。自然の摂理に反する生き方をしていると、必ず行き詰まり、体も不健康になって行きます。
しかし、雨天こそ感謝と感激でお迎えしている人は、健康になりまして、それは、自然の法則に則っていらっしゃるからでありますよ。ホッホッホ。
どちらがいいかね? 自然に対し、不平不満を漏らす人は、必ずご不幸が待っている。自然には感謝。これしか人間はしてはいけないのであります。
解ったかね? じゃあ、御霊地に帰ります。

2014年6月3日火曜日

KOUJIが書く。私は呪われていたようです。その結果、私は体が重くのしかかる物を毎日感じ、父親は、体調が、しばしば体調不良に。支部長は、もう治りました様子ですが、大変な病にかかった。

私はお蔭様で、またこの道に戻って来ましたよ。この道が見えてくればいいのですね?
有り難うございました。私は、今年の五柱五成神社様の初午祭から、この方向性が定まっていれば良かったのですが、改めて思いますよ。
神々様、金剛様、ご先祖様のお蔭様で、こちら側に進んでいきます。
さて、Linux Mint 17をVPSにインストールしてみようかな? と思いました。
そんなことをやっている内に、Linuxの勉学はどんどん進んでいけますからね。益々の、勉強が出来てくれば嬉しいですからね。

天の声が書く。そうだね。それがいい。さて、KOUJI殿、進むべき方向が定まりましたかね?

ああ、私達神霊界も震撼する。呪いというのは掛けてしまっては、実に、その者達は、お家が潰されるということ。
呪いを掛けた方が悪いのは解るであろうが、呪いを掛けられた方も、お家が悪化してしまう。
その事を、改めて考えてみましたよ。気付いてくれて有り難うね。私も、考えが幼稚だったようだ。さぁ、道は進んでいけば解りますよ。
この方向性で良いはず。私は思う。この道を進んだ先には、更に発展した物が見えてくると謂うことを。有り難う。
じゃあ、東京五輪の頃、子供なども出来ているといいですね。楽しみにしている。

天の声が書く。実に残念でしたが、これは自然の流れである。だから、いいのです。みんなKOUJI殿の功績を皆認めている人が沢山ですよ。有り難うね。

ああ、KOUJI殿の結論の、解脱する方法を以て、これ以上進むことは止めてもいいと思っていた。だから、もう功績としては、最上級の物があるよ。
そして、今後は、Linux関係と、アイドルの関係と、御霊地研究ですか。その辺や、CGIなどを動かしてみるとのことですな。
やはり、これでいいのでありますよ。ウロウロと、迷ってしまったかも知れませんが、この方向性で正しくありますよ。
後は、お父様のご健康状態も悪くなってしまっている原因が、ホームページではないか? という疑問は、その通りでありましょう。だから、まぁ、他にも、少なからず原因がありましょうがね。高齢という事が、一番の原因かも知れませんがね。
ああ、そして、KOUJI殿も、重くのしかかるような、念が消え去ったのが解りますか? そうそう、それが、呪いという物でありますよ。
誰かが、数多くの方々が、呪っているのであります。一人で、権力や、威信など、名誉なども奪ってしまった、沢山の物が、もしかしたら、私の物であったかも知れないのにと、まぁ、言い分としては、身勝手な言い分ですが、呪われたら、まぁ、気の毒だからねぇと思って、その呪いを解きました。
後は、KOUJI殿は、毎日、このサイトや、商用サイトで、天の声などを書き記し、Linuxの関係の情報に目を凝らしていればいいのであります。
有り難うね。じゃあ、私は日記でも付けて置きますよ。帰りますよ。

天の声が書く。ああ、私は嫉妬慢心で、KOUJI殿初め、お父様にも悪念を放つ人々に、感謝の念を送るよ。有り難うね。

例えば、KOUJI殿が死んでしまえばいいとか、お父様が、怪我や病気になればいいなどと、思い描いていた、方々に御礼を申し上げますよ。
何故か? ああ、皆、KOUJIやお父様の勉強が捗るからであります。そして、その勉強の結果、更にいい方向性を以て、邁進することが出来るではないか? だから、感謝して居りますよ。
さて、KOUJI殿、これで、解ったであろう? ああ、KOUJI殿は呪われていると謂うこと。そして、お父様も大変有能な方なので、嫉妬などの念を受けていると謂うこと。
残念なことではありますが、ホームページを縮小するのは、自然の流れであります。
だから、もういいですよ。
そして、KOUJI殿は、結局、Linux解説入門や、Linux Paradiseや、谷村有美さんのホームページなどを、続けて運営することが出来そうで、何よりでありますよ。良かったね。
そして、お父様の、ご体調も優れていれば何よりであります。
じゃあ、私は帰って、飯の時間にしますよ。有り難う。じゃあね。

天の声が書く。ああ、KOUJI殿、父親様の状態が悪くなったので、サーバーを縮小したのですな。

そうでしたか。
それであれば、いいですよ。
お父様のご状態が悪化していったら、大変ですからね。
さて、KOUJI殿。Linuxの勉強は進んでいるかね。
どう考えても、Linux Mint 17はとても良いですねぇ。私も素晴らしいと認めます。
後は、elementary OSですかね。
そうかそうか。
じゃあ、後の楽しみに取っておけばいいですね。
まぁ、退屈で仕方がないなどのことであれば、サーバーに(VPSでも、自宅サーバーでも)、Linux Mint 17を入れてみたらいいのではないかと思いますよ。
そして、サーバーを構築してみたらいいですよ。
大変楽しみですね。
おお、Apacheもバージョンが上がった模様ですね。そして、設定の書き方が少し変わった模様ですね。
ファイルの配置も変わった模様ですな。
勉強し甲斐があって楽しそうですなぁ。ハッハッハ。じゃあ、私は帰って飯を頂きます。